メニュー

坐骨神経痛

坐骨神経痛のこんな症状でお困りではないですか?

☑おしりから足にかけての痛みやしびれ
☑おしりや太ももが重だるい
☑長時間立っているのがつらい
☑体を屈めると痛みが強くなる
☑お尻や太ももを触ると他と感覚が違う

 

坐骨神経痛って何?

坐骨神経痛は体の様々な原因で起きます。

①腰椎椎間板ヘルニア

椎間板内の髄核が後方または後外方に飛び出て、腰椎の神経を圧迫することで起きる症状です。

日常生活での注意

・中腰姿勢での作業(掃除機、お風呂掃除、物の上げ下げなど)

・あぐらや横座り

・猫背姿勢

上記は腰の負担が大きく、椎間板が出やすくなる姿勢になります。

②腰部脊柱管狭窄症

退行性変性によるものが多く50代以上の方が多い、元々脊柱管が狭い方では20~30代で出る方も少なくありません。

脊柱管が狭くなり神経(馬尾や神経根)を圧迫されることで起きる症状です。

日常生活での注意

・体を捻る動作

・背筋を伸ばすような動作(腰を反らせる)

・反り腰姿勢

※靴下を履くや自転車の運転など比較的体を丸める動作を楽に感じる方が多いです。

③腰椎すべり症
④梨状筋症候群
⑤血行障害
⑥下肢の筋肉の緊張または柔軟性低下による神経絞扼

 

筋肉の衰え、柔軟性の低下が坐骨神経痛に影響している??

筋肉は20代前半をピークにだんだん衰えていきます。1年に1%ずつ減っていくとも言われています。

その中でも腰部から下肢にかけての筋力低下のスピードは早く、上半身よりも大きく減少します。

筋肉の衰えたまま生活していると腰椎や椎間板の負担が増え年齢を重ねていくとヘルニアや脊柱管狭窄症を引き起こすリスクが高くなります。

また比較的軽度な坐骨神経痛はおしり周りの筋肉の衰えからきていることが多いです。

おしり筋肉の衰えにより神経の冷えや下肢の血流障害を起こし症状が増悪します。

適切な対応で坐骨神経痛の危険を回避しましょう。

 

健やか整骨院での坐骨神経痛に対するアプローチ

骨盤矯正

トムソンテーブルを用いて骨盤から起こる骨盤前後のずれからくる下肢の血流低下、筋力低下を整えます。

痛みを伴うような矯正は致しません。

猫背矯正

頸部、背部の筋肉の柔軟性の低下、頸椎・胸椎のバランスを改善し、腰椎の負担を減らし姿勢を支える筋肉の柔軟性を高める施術を行います。

楽トレ(インナーマッスルトレーニング)

カラダの奥深くにあるインナーマッスルを鍛える、体幹やおしり、下肢の筋肉の衰えに対しトレーニングをしていきます。

◆下肢ストレッチ

下肢の筋肉を柔軟性をスタッフが患者様の体を各筋肉ごとにストレッチをかけていく施術です。

◆鍼灸施術

体に直接鍼を刺しまたはお灸による温熱効果で原因になる筋肉に直接アプローチする施術です。

◆ハイボルト

特殊電気施術で痛みの原因の神経の興奮、原因部位に直接アプローチする施術です。

 

健やか整骨院では各院で坐骨神経痛の施術ができます!

上板橋院

〒174-0076 東京都板橋区上板橋2-1-12

℡03-6912-3136

上板橋駅から徒歩5分・キッズスペースあり・ベビーシッター在中、駐輪スペース有り

 

平和台院

〒179-0085 東京都練馬区早宮2-19-13

℡03-6906-8162

平和台駅から徒歩8分・保育士在中・キッズスペースあり

 

朝霞院

〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2-1-19

℡048-487-8490

キッズスペースあり・保育士在中・駐車場5台完備

 

豊玉院

〒176-0012 東京都練馬区豊玉北4-4-7

℡03-5946-9959

練馬駅・桜台駅から徒歩7分

キッズスペースあり・保育士在中 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME